活動報告

鹿児島県の青少年赤十字加盟校が、球磨村の小・中学校へ新米を贈呈

 このたび、鹿児島県の青少年赤十字(Junior Red Cross、以下JRC)加盟校である田布施小(鹿児島県南さつま市)から、球磨村の小・中学校(一勝地小・渡小・球磨中)に対し、地元特産の金峰米と激励の寄せ書きが贈呈されました。

 田布施小では、学校の田んぼで収穫したお米を毎年安全運転を呼び掛ける活動のなかで配布していますが、今年は新型コロナウイルスの影響で活動が中止となりました。

 そのなかで、同じJRC加盟校である球磨村の小・中学校の被害の現状を知り、自分たちのお米を支援物資として贈呈したいと日赤鹿児島県支部を通して当支部に寄託されました。

 寄託されたお米と寄せ書きは、9月28日一勝地小において、当支部から球磨村教育長ならびに各学校長へお渡ししました。

 水田も大きな被害を受けた球磨村では、今回の支援を大変喜ばれ、贈呈されたお米は3校の子どもたちの給食に使わせていただきたいとのお話がありました。

 

 青少年赤十字の活動については、こちらをご覧ください。

 引き続き、「令和2年7月豪雨災害義援金」を受け付けております。皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年7月豪雨災害に係る災害対策本部を解散。支部長(知事)へ活動完了報告を行いました。

 令和2年7月豪雨災害により、本県では県南地域を中心に大きな被害が発生いたしました。当支部では発災後直ちに支部災害対策本部を設置し、医療救護班や日赤災害医療コーディネートチーム、こころのケア、保健師支援など災害救護活動を展開しておりましたが、今般災害救護活動を完了し、去る8月31日をもって支部災害対策本部を解散いたしました。

 これを受け、9月9日県庁において、支部事務局長をはじめ、熊本赤十字病院、熊本健康管理センターの幹部も同席し、蒲島支部長(知事)へ活動完了報告ならびに活動実績報告を行いました。

 蒲島支部長からは、発災時からの迅速な対応や、コロナウイルス感染症への配慮など普段とは違う環境のなかでの活動に対し、「支部長として日赤熊本の活動を誇りに思う」と労いの言葉がありました。

 当支部では、今後も被災地支援活動を継続して行ってまいります。また、日本赤十字社では、「令和2年7月豪雨災害義援金」を引き続き受け付けております。皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら