活動報告

医療救護班および日赤災害医療コーディネートチームの派遣を終了しました

令和2年7月豪雨災害では、芦北町や人吉・球磨地域などを中心に大きな被害が発生し、熊本県支部では医療救護班および日赤災害医療コーディネートチームを派遣しておりました。

現地医療機関や公的機関などとの引き継ぎを行い、8月3日に救護班、8月4日にコーディネートチームの派遣を終了しました。

今回の豪雨災害に対し、多くの他県支部から応援に駆けつけていただきました。

(第6ブロック)福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県・沖縄県

(第5ブロック)広島県・山口県・岡山県・香川県・徳島県・愛媛県

 各地でも豪雨の被害が出ているなか、また遠方より熊本県のために駆けつけていただいた救護班・コーディネートチームの皆さまのご支援に、心から感謝いたします。

  

こころのケア班・保健師支援班を派遣しました

令和2年7月豪雨災害では、芦北町や人吉・球磨地域などを中心に大きな被害が発生し、熊本県支部では救護班等を派遣しております。

今回、球磨村における「こころのケア」活動および保健師の活動支援を行うため、8月3日(月)にこころのケア班(看護師2名、公認心理師1名)と保健師支援班(保健師1名、事務職員1名)を派遣しました。

現地での活動状況については、今後配信予定です。

 

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら