活動報告

令和元年8月豪雨災害 熊本県支部救護班活動終了

8月29日(木)から派遣されていた救護班要員8名は、無事熊本に帰還しました。
今後は、被災県である佐賀県支部を中心として活動を継続します。

本災害の義援金について当県支部で受け付けを開始しました。
https://www.kumamoto.jrc.or.jp/news/4242/
皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

水上安全法救助員養成講習会を開催しました

赤十字水上安全法救助員(Ⅰ・Ⅱ)養成講習会を開催しました。
救助員(Ⅰ)→7月19、20、25、26日 アクアドームくまもと
救助員(Ⅱ)→8月9、10日 芦北マリンパークビーチ

この講習会は、知識・技術の習得と実践を通して、楽しく水に親しむために水の事故防止の思想と、互いに助け合うボランティアの心を育むことなどを目的として開催しているもので、本年度は、Ⅰ:7名、Ⅱ:9名の方が参加しました。

救助員(Ⅰ)では、プールでの監視方法、泳ぎ方や救助の基礎を学んでいただき、検定に合格した方は救助員(Ⅱ)の受講が出来ます。
救助員(Ⅱ)では海・川での監視方法、レスキューボードやチューブ・フィンなどの使い方、それを用いた救助方法等を学びます。

夏場は特に海や川、プール等で多くの事故が起こっています。自分は泳げるので大丈夫と思っていても、海や川の波や流れ、環境の変化など様々な特徴を理解し、楽しく遊び、事故には十分気を付けましょう。

本養成講習は、毎年実施しています。
興味のある方や受講を希望される方は、下記の電話番号にお気軽にお問い合わせください(平日9:00~17:00)。

【担当】
日本赤十字社熊本県支部 事業推進課 講習係
TEL:096-384-2128(ダイヤルイン)

災害時高齢者支援講習を行いました

8月5日(月)10:30~11:30に、氷川町北野津地区の炊き出し訓練において、地域住民の方50名を対象に、「災害時高齢者支援講習」を行いました。

講習では、災害の特徴、高齢者に起こる症状、注意点や避難所で役立つホットタオルつくりやタオルケットガウンなどの内容を、実技をまじえて実施しました。

参加された方からは、「タオルの簡単な利用法等大変ためになった」とのお声をいただきました。

 

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら