活動報告

フローレンス・ナイチンゲール記章および章記の寄贈を受けました

フローレンス・ナイチンゲール記章は、紛争下において敵味方の区別なく負傷者を保護する役割を担う赤十字が、1907年および1912年の赤十字国際会議において、顕著な功績のある世界各国の看護師を顕彰し、授与することを決定したものです。ナイチンゲール女史の生誕100周年を記念して、1920年に第1回の授与が行われました。それ以来、隔年でナイチンゲール女史の生誕の日にあたる5月12日に赤十字国際委員会(ICRC)から発表されています。この度、当支部で初の受章者である松守 敏(まつもり とし)様の記章を、熊本で働く赤十字職員の皆様の心の支えになれば、とご家族より当支部へ寄贈いただきました。

松守様は1898(明治31)年に熊本市で生まれ、日本赤十字社本社救護員養成所を経て、日本赤十字社熊本支部外勤部に勤務されました。1921(大正10)年に第五看護婦組織臨時救護班としてシベリアへ派遣されて以降、通算17年5カ月に渡り陸軍病院や捕虜収容所など戦地での救護業務に従事されました。1954(昭和29)年に帰国以降も、1979(昭和54)年までの40年5ヶ月もの長きに渡り看護師として勤務し、戦地での献身的な救護業務が評価され、1981(昭和56)年に第28回フローレンス・ナイチンゲール記章を受章されました。

寄贈いただいた記章および章記を現在、熊本赤十字会館1階の展示ホールにて展示しております。皆さまも是非この機会にご覧ください。

            

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら