活動報告

令和2年7月豪雨災害に対する活動報告

 令和2年7月豪雨災害に対する救護活動についてご報告します。

 熊本県支部では、発災直後の7月4日に災害対策本部を支部事務局に立ち上げ、情報収集・現地調整要員を現地に派遣し、避難所等でアセスメント(避難者数、傷病者数、ライフラインの状況、物資の過不足状況の確認等)を行いました。あわせて、救護班を派遣し、芦水地域・球磨地域での活動を展開しました。また、九州各県や中国・四国各県からも救護班・災害対策本部支援要員が派遣され、熊本の救護活動を支えました。

 被災地への支援として、日赤熊本各施設や奉仕団の協力を得て、救援物資の配布を行い、現在、防災ボランティアが被災地で活動を行っております。

 「令和2年7月豪雨災害義援金」の受付も開始しております。皆さまの温かいご協力をよろしくお願いします。

救護班第1班出発式

救護班第1班出発式

避難所にて救護所を設置

避難所にて救護所を設置

避難所にて巡回診療実施

避難所にて巡回診療実施

被災地への救援物資の積み込み

球磨村に給水車を派遣

球磨村に給水車を派遣。病院設置のシャワーへ水を供給しました。

本社広報室より広報支援にきていただきました。
ありがとうございました!

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら