活動報告

平成30年7月豪雨災害「被災地支援活動報告(日赤災害医療コーディネーター第1班)」

 【1日目・7/11】

 7月10日(火)に熊本県を出発した災害医療コーディネートチームは、下関で1泊し、11日(水)正午過ぎに岡山県倉敷市の保健所に到着しました。     

 途中、通行止めや道路環境の悪いところはあったものの、概ね予定どおりの行程となりました。

 倉敷市保健所では、先に活動していた兵庫県支部からコーディネート業務を引き継ぎ、日赤の調整役として情報収集や記録、物資の管理等を行っています。

 

 

 

 

【2日目・7/12】

 日赤熊本県支部から派遣している職員は、現在倉敷市保健所で日赤を代表する立場となり、DMAT等医療機関だけでなく、保健福祉に関わるさまざまな支援団体と協力して、主に避難所運営の体制強化に努めています。

 現在、倉敷市保健所圏域には40の避難所があり、約2,900名の方が避難しています。 活動2日目になる13日は、保健所で救護班による巡回診療の調整や、今後の日赤救護班の派遣調整を行いました。規模の大きい避難所への視察も行い、避難所の現状確認や運営について助言も行っています。

 また、派遣している細川医師は、熊本地震においてDVT(深部静脈血栓症いわゆるエコノミークラス症候群)予防活動の中心的役割を担っており、今回の派遣中も、各機関と連携し、避難所での予防活動を進めています。

    

 

【3~5日目・7/13~15活動終了】

 岡山県で支援活動を行っているコーディネートチーム第1班は、倉敷市保健所で日赤や他の医療支援チーム、行政、保健・福祉支援団体等、多岐にわたる組織で構成されている倉敷地域災害保健復興連絡会議(KuraDRO・クラドロ)において、日赤の代表となって救護班の派遣調整や避難所での医療保健生活支援等を行い、15日に任務を終え無事に帰熊しました。

 KuraDROでは、医療や保健衛生に関わる団体が一同に介して避難所での問題点や課題、被災者の現状を共有し、問題解決に取り組むため、被災者への迅速な支援が可能となります。

 熊本県支部のコーディネートチームは、その中で、KuraDROの運営支援のほか、避難所で日赤救護班が継続して診療ができるよう計画を立て、支援に入る救護班への説明や案内、救護班からの情報を会議で共有し、ニーズを把握するなどを行いました。熊本地震での経験を生かし、支援団体や保健師に対してDVT(深部静脈血栓症いわゆるエコノミー症候群)に対するマニュアルを配布し、周知を図るなど避難所生活の環境改善にも努めました。

 熊本県支部では、18日から日赤災害医療コーディネートチーム第2班を広島県へ派遣し、支援を継続する予定です。

      

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら