活動報告

フローレンス・ナイチンゲール記章および章記の寄贈を受けました

フローレンス・ナイチンゲール記章は、紛争下において敵味方の区別なく負傷者を保護する役割を担う赤十字が、1907年および1912年の赤十字国際会議において、顕著な功績のある世界各国の看護師を顕彰し、授与することを決定したものです。ナイチンゲール女史の生誕100周年を記念して、1920年に第1回の授与が行われました。それ以来、隔年でナイチンゲール女史の生誕の日にあたる5月12日に赤十字国際委員会(ICRC)から発表されています。この度、当支部で初の受章者である松守 敏(まつもり とし)様の記章を、熊本で働く赤十字職員の皆様の心の支えになれば、とご家族より当支部へ寄贈いただきました。

松守様は1898(明治31)年に熊本市で生まれ、日本赤十字社本社救護員養成所を経て、日本赤十字社熊本支部外勤部に勤務されました。1921(大正10)年に第五看護婦組織臨時救護班としてシベリアへ派遣されて以降、通算17年5カ月に渡り陸軍病院や捕虜収容所など戦地での救護業務に従事されました。1954(昭和29)年に帰国以降も、1979(昭和54)年までの40年5ヶ月もの長きに渡り看護師として勤務し、戦地での献身的な救護業務が評価され、1981(昭和56)年に第28回フローレンス・ナイチンゲール記章を受章されました。

寄贈いただいた記章および章記を現在、熊本赤十字会館1階の展示ホールにて展示しております。皆さまも是非この機会にご覧ください。

            

令和2年度「NHK海外たすけあい」キャンペーンが始まります

今年も「NHK海外たすけあい」キャンペーンを、12月1日(火)から25日(金)まで実施いたします。

本キャンペーンは、日本放送協会(NHK)等との共催により、海外での自然災害や地域紛争等緊急救援並びに発展途上国赤十字社の保健衛生、災害対策事業等の開発協力を行う目的で昭和58年(1983年)度より継続して行っており、これまでに総額約265億円を超える寄附金が寄せられています。

38回目を迎える今年は、「助けあわなければ、感染症から世界は守れない」をキャンペーンテーマとして、世界の今と未来、そして「たすけあう」ことの大切さを皆様とともに考えていきたいと思います。

詳細は、海外たすけあい特設サイトもご覧ください。

今年も皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

<実施期間> 令和2年12月1日(火)~25日(金)

<県内募金受付窓口>

 (1) 県内各赤十字施設、日赤地区本部・各地区分区

 (2) 特設窓口: NHK熊本放送局(熊本市中央区花畑町 平日11時~16時まで)

 (3) 金融機関: 郵便局、肥後銀行、JAバンク、JFマリンバンク

  

県内の青少年赤十字加盟校の高校生たちが国際交流事業に参加しました

日本赤十字社では、青少年赤十字(Junior Red Cross、 以下JRC)の実践目標の一つである「国際理解・親善」の促進を目的に、国際交流事業を実施しております。このたび、各都道府県支部JRC加盟校の高校生メンバー(41支部)と、海外姉妹社メンバー(18社)との国際交流事業をオンライン会議形式で実施し、熊本県からも加盟校6校から10名が参加しました。

今年度は「偏見のない世界をつくる」をテーマに本事業を実施しました。前半では「ふるさと“1品”文化紹介・自己紹介」や「JRC活動紹介」、「赤十字〇×クイズ」を通して交流を図り、後半では日本赤十字社が作成した「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう~負のスパイラルを断ち切るために~」を活用し、参加したメンバーたちが新型コロナウイルス感染症拡大による差別や偏見に対して取るべき行動について、ニューヨークで医療活動に従事した医師らによる対談形式での講義やディスカッションがありました。

全てのプログラムが英語を使って進められるなか、参加した熊本県の高校生たちも“くまモン”や熊本の観光地の紹介や、学校での落ち葉拾いなどの奉仕活動の報告を英語で行いました。参加者からは、「他国のJRC活動を知ることができたので、自分たちの今後の活動の参考にしたい」と国際理解を深めるなかで、活動への意欲がより一層高まったようでした。

青少年赤十字の活動については、こちらをご覧ください。

  

  

鹿児島県の青少年赤十字加盟校が、球磨村の小・中学校へ新米を贈呈

 このたび、鹿児島県の青少年赤十字(Junior Red Cross、以下JRC)加盟校である田布施小(鹿児島県南さつま市)から、球磨村の小・中学校(一勝地小・渡小・球磨中)に対し、地元特産の金峰米と激励の寄せ書きが贈呈されました。

 田布施小では、学校の田んぼで収穫したお米を毎年安全運転を呼び掛ける活動のなかで配布していますが、今年は新型コロナウイルスの影響で活動が中止となりました。

 そのなかで、同じJRC加盟校である球磨村の小・中学校の被害の現状を知り、自分たちのお米を支援物資として贈呈したいと日赤鹿児島県支部を通して当支部に寄託されました。

 寄託されたお米と寄せ書きは、9月28日一勝地小において、当支部から球磨村教育長ならびに各学校長へお渡ししました。

 水田も大きな被害を受けた球磨村では、今回の支援を大変喜ばれ、贈呈されたお米は3校の子どもたちの給食に使わせていただきたいとのお話がありました。

 

 青少年赤十字の活動については、こちらをご覧ください。

 引き続き、「令和2年7月豪雨災害義援金」を受け付けております。皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年7月豪雨災害に係る災害対策本部を解散。支部長(知事)へ活動完了報告を行いました。

 令和2年7月豪雨災害により、本県では県南地域を中心に大きな被害が発生いたしました。当支部では発災後直ちに支部災害対策本部を設置し、医療救護班や日赤災害医療コーディネートチーム、こころのケア、保健師支援など災害救護活動を展開しておりましたが、今般災害救護活動を完了し、去る8月31日をもって支部災害対策本部を解散いたしました。

 これを受け、9月9日県庁において、支部事務局長をはじめ、熊本赤十字病院、熊本健康管理センターの幹部も同席し、蒲島支部長(知事)へ活動完了報告ならびに活動実績報告を行いました。

 蒲島支部長からは、発災時からの迅速な対応や、コロナウイルス感染症への配慮など普段とは違う環境のなかでの活動に対し、「支部長として日赤熊本の活動を誇りに思う」と労いの言葉がありました。

 当支部では、今後も被災地支援活動を継続して行ってまいります。また、日本赤十字社では、「令和2年7月豪雨災害義援金」を引き続き受け付けております。皆様の温かいご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら