日赤発祥の地・熊本 〜連載企画〜

【田原坂 日本の「ソルフェリーノの丘」〜国際赤十字と日本赤十字社 その誕生〜 ムービー】

日本での赤十字の誕生は、明治10年(1877年)の「西南戦争(西南の役)」にさかのぼります。

日本で初めての近代戦となった「西南戦争」、激戦地となった田原坂一帯(熊本県植木町)では、たくさんの負傷兵が戦野に倒れました。

この様子を知った佐野常民(元老院議員)は、当時ヨーロッパで既に活動していた赤十字のような救護組織を創ろうと、同志とともに政府に「博愛社」の設立を願い出ました。

しかし、「敵味方の区別なく救護する」という願いは、既に開戦中でもありなかなか認められませんでした。
そこで、佐野は意を決して熊本に赴き、官軍の司令官(征討総督)である有栖川宮熾仁親王殿下に直接願い出て、とうとう設立の許可を受けることができました。

これが明治10年5月3日のことです。結社を認められた「博愛社」は救護員を確保し、晴れて熊本の地において、敵味方の差別なく、官軍・薩摩の負傷者の救護にあたりました。

つまり、博愛社(後の日本赤十字社)は、熊本で誕生の声をあげたのです

このコーナーでは、連載形式で「日赤発祥の地・熊本」をテーマに、皆様に博愛社(日本赤十字社の前身)誕生にまつわる言い伝えや歴史をご紹介いたします。

この連載は、平成22年5月から同26年5月にかけて、熊本県支部の職員だった梶山哲男さんが、毎月執筆し掲載したものです。

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら