赤十字救護看護婦「竹田ハツメ」展
イメージ画像

出発・病室、フランス救護班の概要

イギリス、フランス、ロシアへの救護班派遣の概要

第一次世界大戦中、日本政府はイギリス、フランス、ロシアの3国から救護派遣の依頼を受けた。日本政府は直ちに日本赤十字社に対して、3国に救護班1個班を派遣し、戦傷病患者の救護に当たるよう懇請した。

 日本赤十字社は救護班を外国の病院に派遣することは創設以来はじめてのことであった。そのため欧州各国の赤十字救護班と比較されることを考慮し、また日本赤十字社救護班として、無事その大任を果たされるよう、派遣救護員の人選については技量、身体、人格、語学等の細部にわたり特別の注意を払った。厳選の結果、全国各支部から選ばれた救護員数はイギリス派遣27名、フランス派遣29名、ロシア派遣20名である。

 日赤熊本県支部からは竹田ハツメ看護婦が選ばれ、フランスに派遣された。日本赤十字社は派遣救護員が博愛精神に則り救護活動を展開し、大任を無事全うできるよう細心の注意を払った。救護班は責任の重大さを胸に秘め、総裁閑院宮載仁(かんいんのみやことひと)親王殿下をはじめ、本社、各支部職員及び政府、国民の激励と盛大な見送りを受け、大正3年10月(ロシア)及び同年12月(イギリス、フランス)に、それぞれの任地に出発した。

イギリス、フランス、ロシアへの救護班派遣の概要

 塩田医長(東京帝国大学医科大学助教授)以下28人は大正3年12月16日に横浜を出港した。その後、長途の航海を終え、大正4年2月4日にマルセーユに上陸し、パリに到着したのは翌日の5日朝であった。

 日本赤十字社救護班が診療を開始する建物は、凱旋門に近いパリで一流の「ホテル・アストリヤ」を改装して当てられた。派遣救護員は医療機器、薬品、看護用具、事務具等を整備し、「日本赤十字社病院」として、3月16日から診療を開始した。4月3日には開院式が盛大に行われた。参列者は、各階の病室、とくに3階の治療室、調剤室等の整備された施設整備の状況を視察し、全員賞賛の言葉を惜しまなかった。その後「日本赤十字病院」の名声が広がると、大正4年4月4日にポアンカレー大統領の病院視察が行われた。開院当初は80人の戦傷病患者を収容し、治療看護に当たったが、救護班全員の規律正しい行動と、博愛の心に富んだ治療看護、すぐれた医療技術はフランス国民に賞賛され、わずか半年の間に130人に増加した。

 フランス派遣救護班は、大正4年7月13日にフランス政府と協定した5ヵ月間の勤務期間を終了したが、入院患者も満床の状態が続き、また日本赤十字救護班に対する信頼と賞賛の声は各地で高まり、戦時病院の模範とまで賞賛されるに至り、再再延期の末、大正5年7月1日閉院までの間、救護した患者数は、実人員910人、延べ人員にして54,832人に達した。フランス国に別れを告げるに当たり、フランス赤十字総裁の感謝状、フランス政府の表彰状、あるいは大統領の謝辞、各界からの送別の宴の催し等、救護班全員に対して心から感謝の意が表された。

 救護班は大正5年7月10日にパリを出発、9月15日に日本に到着、翌16日解散式を挙行した。その式場で総裁閑院宮載仁親王殿下より慰労のことばを賜った。竹田ハツメ救護看護婦は1年10ヵ月の間、終始健康で無事大任を果たすことができ、県民の盛大な歓迎を受けた。その後竹田ハツメ救護看護婦は、フランス派遣救護員とともに、フランス国勲章を受領した。

(日本赤十字社熊本県支部100年史より)

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら