青少年赤十字

青少年赤十字の活動

国内・国外被災地への募金活動

 少しでも役立ててほしいと、「被災者のために自分たちができるボランティア」として、青少年赤十字加盟校・園で、自主的な募金活動が行われています。
 近年、国内外で頻発する甚大な自然災害、民族・宗教間の紛争やそれに伴う大量難民の発生など、被災者や犠牲者のために、県内の加盟校・園から多くの国内義援金、海外救援金が寄せられています。

イメージ画像:国内・国外被災地への募金活動

いのちと健康を守る技術と知識を習得

 学校内で起こりやすいけがや病気の処置のしかたを学習する救急法や、お年寄りを寝たきりにさせないための健康生活支援講習、避難所生活で役立つ災害時支援セミナー、また、水の事故防止・救助法等を学びます。
 リーダーシップ・トレーニング・センターのプログラムにも、これらの講習が取り入れられています。

イメージ画像:いのちと健康を守る技術と知識を習得

ユニークな体験学習

 学校は、災害時には緊急の避難場所となります。体験学習として避難所の設置や、非常食の炊き出し訓練等を行います。
 学校や地域の子どもたちを対象とした様々な研修は、地元の赤十字奉仕団や防災ボランティアと協働して取り組むこともあります。

イメージ画像:ユニークな体験学習

教師のための研修会

 子どもたちにとって一番身近な存在である学校の先生が、青少年赤十字の指導者です。
 赤十字の理念や活動意義を先生方に理解してもらうとともに、青少年赤十字指導者としての知識と技術を深める研修会を、教育委員会の後援を得て開催しています。

イメージ画像:教師のための研修会

国際交流の機会を提供

 赤十字の世界的なネットワークを生かした国際交流の場を提供します。
 日赤本社や九州ブロックが主催する国際交流事業での高校生リーダーや各国のユースメンバーとの交流、また、九州ブロックが支援しているアジアの国への訪問などをとおして、世界が直面する様々な課題に取り組み、今自分たちにできることを考えます。

イメージ画像:国際交流の機会を提供

 県内高校生メンバー(熊本県青少年赤十字高校生連絡協議会※)が企画・運営して毎年開催される「国際交流会」では、各国の料理や文化紹介等による交流を行います。
 各校の留学生やALT、指導者も含め、毎年100人余りが参加しています。

イメージ画像:国際交流の機会を提供
※熊本県青少年赤十字高校生連絡協議会について
 青少年赤十字加盟高等学校(特別支援学校含む)のメンバーによる協議会が組織されており、役員を中心に、年間をとおして研修会や行事を企画・運営し、県内の高等学校における青少年赤十字の活性化を図っています。
 平成23年度には、熊本県高等学校文化連盟(高文連)に「国際ボランティアJRC部」として加盟が認められました。

リーダーシップ・トレーニング・センター

 青少年赤十字の最も特徴のある教育プログラムの一つである「リーダーシップ・トレーニング・センター(以下、トレセン)」は、集団生活を伴う学習活動の場で、学校や地域においてリーダーシップを発揮できる児童・生徒の育成を目指し、毎年夏休みの期間に開催します。
 青少年赤十字メンバーはここで、赤十字や青少年赤十字に関する知識や技術への理解を深め、リーダーとして必要な自主・自律の精神を身につけます。

イメージ画像:リーダーシップ・トレーニング・センター
ボランタリー・サービス(V・S)
 子どもたちの自主性を引き出すために、各自の自発性に基づくボランタリー・サービス(V・S)方式を活動や組織運営に取り入れています。
先見(せんけん)
 将来起こるかもしれない万が一の事態のために、日ごろから備えて行動することを意識づける「先見」。
 子どもたちが自己の行動管理、危険予知など、先を見越した行動を主体的にとれるようになるため、トレセンの中に「先見の時間」を設定し、その意識づけを重視しています。
号令のない生活
 指示されて動くのではなく、児童・生徒自身の自己管理を促す「号令のない生活」。
 トレセンでは先生の号令ではなく、行動の基礎になるすべての情報は「掲示板」に掲示し、子どもたちは自らそれを確認して行動します。
待ちの姿勢
 教員には本人の気づきを待つ姿勢が求められます。子どもたち自身が問題、ニーズを発見し、納得することにより、その後の取り組みのモチベーションの向上が期待されます。そのための気づきを促すような側面支援を重視しています。
ホームルーム
 ホームルームの時間では、各参加者の考えや反省、疑問等を自由に出し合い、必要に応じて指導者が助言します。
 一日の生活の反省にとどまらず、プログラムの中での疑問点や青少年赤十字に関する疑問点等についても話し合い、各自の理解を深めます。
イメージ画像01: トレセンの特徴的な取り組み
イメージ画像02: トレセンの特徴的な取り組み
イメージ画像03: トレセンの特徴的な取り組み
イメージ画像04: トレセンの特徴的な取り組み

「青少年赤十字の活動」お問い合わせ

日本赤十字社熊本県支部 事業推進課 青少年・ボランティア係

平日9:00~17:00

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら