国内災害救護

救護装備の紹介

 熊本県支部の主な救護装備を紹介します。

救護車両

イメージ画像:救護車両

ディザスターレスキューインテリジェンス
(移動無線通信車)

 災害発生時に先行し、通信設備(カメラ、テレビモニター、無線機、衛星無線等)を用いて、情報収集にあたります。また、支援車両としての機能を有し、シャワーや救護班要員用ベッド4床等を備えています。

イメージ画像:ディザスターレスキューインテリジェンス(移動無線通信車)

ディザスターレスキュー(特殊医療救護車両)

 4ベッドを持っており、動く救命救急センターとして災害現場で緊急手術などを行うことができます。また、現地での情報収集活動のためモトクロスバイクも搭載しています。(熊本赤十字病院配備)

イメージ画像01:ディザスターレスキュー(特殊医療救護車両)
イメージ画像02:ディザスターレスキュー(特殊医療救護車両)

キャンター(資機材運搬車)

 災害時の救援物資の搬送や救護所で使用する各種資機材(テント、発電機、担架、ベッド、医療資機材)の運搬に活用します。

イメージ画像:キャンター(資機材運搬車)

シビリアン(現地災害対策本部車)

 全国の12 支部に配備されており、九州ブロックでは、福岡県支部と熊本県支部が保有。情報収集や人員輸送、現地救護所等で活用します。後方に備えた電動リフトで、発電機や資機材等の積載も行います。また、テレビモニターや酸素ボンベ等も備えています。

イメージ画像:キャンター(資機材運搬車)

FJ クルーザー

 走破性を活用し、災害現場での情報収集車として活用します。業務用無線や衛星電話を搭載しています。

イメージ画像:キャンター(資機材運搬車)

アルファード

 人員輸送車として活用します。業務用無線や衛星電話を搭載しています。

イメージ画像:キャンター(資機材運搬車)

ジムニー

 コンパクトな車体、且つ走破性を活用し、災害現場での情報収集車として活用します。業務用無線を搭載しています。

イメージ画像:キャンター(資機材運搬車)

給水トレーラー

 災害救護活動に水は必要不可欠であり、救護所での洗浄等に活用します。キャンター、FJクルーザーで牽引します。

イメージ画像01:給水トレーラー
イメージ画像02:給水トレーラー

救護資機材

無線機

 業務用無線として、157MHz、415MHzの2波があり、全国の日赤が使用する共通のものです。大規模災害では、各県同士での交信が行えるなど、救護活動に力を発揮します。

イメージ画像:無線機

衛星電話

 大規模災害時、固定電話や携帯電話が途絶えた場合の連絡手段として、衛星電話を装備しています。パソコンと接続し、インターネット通信が可能な機種もあります。

イメージ画像:衛星電話

多用途医療セット

 災害時に救護班を派遣する際に、医療機器や医薬品等は必需品となります。初動期に医療救護活動を実施する際に最低限必要なものがセットされています。

イメージ画像:多用途医療セット

発電機

 救護所を立ち上げる際に、電気は必要不可欠であり、テント等での照明や医療機器、冷暖房等を使用するために活用します。

イメージ画像:発電機

リチウム蓄電器

 救護所で電気を使うのに活用します。前項の発電機は、少なからず騒音があるため、避難所等の近くで救護所を展開する場合、特に夜間には蓄電池を活用します。(太陽光パネルからも充電可能)

イメージ画像:リチウム蓄電器

フォークリフト

 救援物資や救護資機材等の重量物を運搬したり、倉庫整理等に活用します。

イメージ画像:フォークリフト

エアーテント

 ブロアーで空気を送り込むことで設置できます。救護所での診療や受け付け等に活用します。

イメージ画像:エアーテント

大型シェルターテント

 風や寒暖に強く、フレーム式の頑丈なテントです。救護所での診療や受け付け等に活用します。

イメージ画像:大型シェルターテント

簡易テント

 救護所での受け付けや指揮所として活用します。
 悪天候時の資機材置き場としての機能も担います。

イメージ画像:簡易テント

LED 投光器

 省電力、且つ大光量で、夜間の救護活動に使用します。

イメージ画像:LED 投光器

担架

 骨折したり、安静が必要な傷病者の固定用に使用します。

イメージ画像:担架

軽便寝台・簡易ベッド

 救護所での診療に使用します。

イメージ画像:軽便寝台・簡易ベッド

野外炊飯セット

 被災者に対する炊き出し支援活動も、赤十字の災害救護活動の一環として行われます。一つの釜で、豚汁等の汁物ならおよそ300杯、おにぎりなら300個が作れます。

イメージ画像:野外炊飯セット

「救護装備の紹介」お問い合わせ

日本赤十字社熊本県支部 事業推進課 救護係

平日9:00~17:00

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら