赤十字看護師の養成

赤十字では、救護員として救護業務に従事する看護師を確保し、併せて日本赤十字社の医療施設において看護業務に従事する看護師を確保するため、看護師の養成を行っています。
当県支部では明治30年以来、赤十字精神を基調とした教育理念によって、国内外の救護活動にも対応できる知識、技術ともに優れた赤十字看護師を養成してきました。
平成13年4月には、福岡県宗像市に「日本赤十字九州国際看護大学」が開校し、現在は同大学で養成をしています。

詳しい情報は以下のメニューよりご覧ください。