災害救護活動

いつ、どこで発生するかわからない災害にあった被災者の救護は、赤十字の最も重要な事業の一つです。
日本赤十字社法はもとより、国の災害対策基本法、災害救助法においても指定公共機関として国の行う災害救援活動に協力することが義務づけられており、その活動内容は被災者に対する医療救護、救援物資の配布、義援金の募集・配分、ボランティアの派遣・調整など幅広い活動となっています。

詳しい情報は以下のメニューよりご覧ください。