活動報告

南スーダン紛争犠牲者救援の医師が帰国しました

 2011年の独立後、再び政治抗争による民族間の紛争状態に陥っている南スーダンの複数の病院で、外科チームの麻酔科医として治療活動に従事した、熊本赤十字病院国際医療救援部の髙尾亮(たかお・りょう)医師が3月10日(土)に帰国し、16日(金)に出迎え式を執り行いました。
現地は長年の内戦の影響で、保健に関する人材・施設インフラが乏しく保健システムが脆弱で、感染症・下痢疾患など慢性的な脅威に加え、銃火器による重傷者や性暴力被害者が多発しています。
 出迎え式で髙尾医師は「現地は非常に治安が悪く、銃創の患者が多かった。いかに日本が平和であるかを痛感した」と語り、これまで現地に派遣された医師たちの活動のお蔭でスムーズに仕事ができた、ということです。
日本赤十字社では、2012年から本救援事業に職員を派遣しており、政府勢力下の軍病院と対抗勢力下の病院双方に中立の立場で支援を続けています。同院からの派遣は今回で5回目でした。
 髙尾先生、本当にお疲れさまでした!

 

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら