熊本県支部について

熊本県支部の概要

 日本赤十字社における「支部」は、各都道府県の管内各施設、地区分区(郡市町村における赤十字窓口:役所の福祉部門や社会福祉協議会)や奉仕団(赤十字のボランティア組織)等を含む組織の総体を示すものです。

 支部事業は、管内各施設の協調のもと、支部長の総合的調整機能の発揮により、国民に広く理解され支援される運営を行うこととしています。

 支部長の命により支部事業の中心的役割を果たすものが支部事務局ですが、現在の超高齢社会、グローバリゼーション、また情報社会に対応した赤十字事業を実施していくためには、支部事務局が中心となり、管内の医療施設、血液センター、社会福祉施設(※当県にはありません)等が一体となって機動性を発揮した事業展開を図ることが重要です。

 また、事業の展開にあたっては、奉仕団等ボランティアの積極的な参加が不可欠であることから、一層、ボランティアの育成に努めるとともに、関係団体とも連携強化に取り組んでまいります。

熊本県支部の組織

熊本県支部の組織図

熊本県支部の現勢

■沿革
  • 1889(明治22年) ・熊本県委員部の誕生
  • 1894(明治27年) ・日赤熊本支部と改称
  • 1944(昭和19年) ・熊本診療所開設
  • 1965(昭和40年) ・血液センター開設
  • 1978(昭和53年) ・健康管理センター開設
  • 1997(平成9年) ・研修センター開設
(平成28年熊本地震被害により閉館)
■社員(平成28年9月30日現在)
  • 個人:231,309人、法人:996法人
■評議員
  • 内野矜自
■名誉職
  • 支部長 蒲島 郁夫
  • 副支部長 小野 泰輔
  • 副支部長 大西 一史
  • 監査委員 中嶋 憲正
  • 監査委員 竹﨑 一成
  • 監査委員 冨田 セツコ
■理事(熊本県選出)
  • 54人
■代議員(熊本県選出)
  • 髙嵜哲哉
  • 荒木泰臣
  • 内野矜自
  • 東家武子
  • 荒木ミドリ
■青少年赤十字(平成29年3月31日現在)  加盟校(園) 265校(園)/49,880人

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

校(園)名 校(園)数 メンバー数 指導者数
幼稚園保育園 21園 1,813人 101人
小学校 134校 25,807人 1,526人
中学校 82校 19,370人 1,296人
高等学校 27校 2,881人 138人
特別支援学校 1校 9人 2人

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

■赤十字奉仕団(平成29年3月31日現在)  37団/15,290人

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

地域赤十字奉仕団 28団 14,900人
青年赤十字奉仕団 1団 31人




無線赤十字奉仕団 1団 45人
水上安全赤十字奉仕団 1団 38人
救急赤十字奉仕団 1団 44人
介護赤十字奉仕団 1団 18人
青少年赤十字賛助奉仕団 1団 27人
海上輸送赤十字奉仕団 1団 22人
接骨・整骨赤十字奉仕団 1団 165人
騎馬赤十字奉仕団 1団 休止中

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

■赤十字防災ボランティアネットワーク(平成29年3月31日現在)

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

防災ボランティア・リーダー 団体登録 個人登録
308人
(内地区リーダー213人)
12団体
330人
726人

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

■講習普及活動(平成29年3月31日現在)

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

指導者 受講者数
(28年度)
救急法 79人 7,096人
水上安全法 49人 959人
幼児安全法 26人 739人
健康生活支援講習 31人 968人
雪上安全法 0人

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

■看護師等養成(平成29年3月31日現在)

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

委託施設数 学生数
看護師養成 大学1 18人

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

■国際活動(平成28年度)
国際救援・技術強化事業派遣 3人
海外救援金送付額 2,288,456円
国際開発協力(カンボジア救急法等講習普及 事業・ベトナム災害対策事業等) 1,211,250円
■災害等救護(平成28年度)
常備救護班 9班
登録救護班要員 125人
無線局(車載含む47、簡易6) 53局
救護車両(日赤地区本部・地区分区含む) 103台
取扱国内義援金額(熊本地震等) 27,727,193,83円
配分救援物資(毛布・日用品セット等) 4,550個
■医療事業(平成28年度)
熊本赤十字病院
490床
入院 163,182人/1日平均447人
外来 307,727人/1日平均1,279人
■血液事業(平成28年度)
熊本県赤十字血液センター(出張所1)
移動採血車4台/献血運搬車21台

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

献血者数 供給本数
成分献血 15,276人 成分製剤 268,270単位
400ml 献血 45,862人 全血製剤 0単位
200ml 献血 953人
合計 62,091人 合計 268,270単位

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

■健康管理事業(平成28年度)
日本赤十字社熊本健康管理センター
19床
人間ドック 30,996人
施設内健診 36,493人
施設外健診 84,391人
健康支援 3,102人
外来 8,991人
PET健診 1,325人
■施設及び職員数(平成29年1月1日現在)

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

施設数 職員数
支部事務局 1 13人
病院 1 1,285人
血液センター 1 95人
健康管理センター 1 215人

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

(常勤嘱託職員を含む)

■会計(平成29年度当初予算)

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

一般会計 支部 337,667千円
医療施設特別会計 病院 22,418,508千円
健康管理センター 3,341,265千円

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

※以上、時期の記載のないものについては、平成29年4月1日現在

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら