日赤発祥の地・熊本

【田原坂 日本の「ソルフェリーノの丘」〜国際赤十字と日本赤十字社 その誕生〜 ムービー】

日本での赤十字の誕生は、明治10年(1877年)の「西南戦争(西南の役)」にさかのぼります。

日本で初めての近代戦となった「西南戦争」、激戦地となった田原坂一帯(熊本県植木町)では、たくさんの負傷兵が戦野に倒れました。

この様子を知った佐野常民(元老院議員)は、当時ヨーロッパで既に活動していた赤十字のような救護組織を創ろうと、同志とともに政府に「博愛社」の設立を願いでました。

しかし、「敵味方の区別なく救護する」という願いは、既に開戦中でもありなかなか認められませんでした。
そこで、佐野は意を決して熊本に赴き、官軍の司令官(征討総督)である有栖川宮熾仁親王殿下に直接願いでて、とうとう設立の許可を受けることができました。

これが明治10年5月3日のことです。結社を認められた「博愛社」は救護員を確保し、晴れて熊本の地において、敵味方の差別なく、官軍・薩摩の負傷者の救護にあたりました。

つまり、博愛社(後の日本赤十字社)は、熊本で誕生の声をあげたのです

このコーナーでは、連載形式で「日赤発祥の地・熊本」をテーマに、皆様に博愛社(日本赤十字社の前身)誕生にまつわる言い伝えや歴史をご紹介いたします。