社員(会員)になりたい

社員に参加したい

日本赤十字社の「社員」とは、赤十字の人道的な活動に賛同し、毎年500円以上の資金協力をしていただく方のことです。個人・法人を問わず、どなたでも社員になることができます。赤十字事業の原動力であり、組織の根幹をなすもので、日本赤十字社では、一人でも多くの方に社員になっていただけるよう、お願いしています。

社員は、次のような権利を有しています

  • 日本赤十字社の役員、代議員を選出したり、選出されたりすること。
    (ただし法人社員には被選挙権がありません。)
  • 毎事業年度の日本赤十字社の業務及び収支決算の報告を受けること。 
    (公告をもってこれに代えることができます。)
  • 日本赤十字社に対し、その業務の運営に関し、代議員を通じて意見をのべること。

日本赤十字社の活動は、社員の方々からいただく資金(社費)と、一般の方々からの寄付によって成り立っています。

 

社員加入方法

口座振替による赤十字「社員」加入

「社員加入申込書」をお送りいただくことで、預金口座振替(自動引落し)により毎年継続して社費を納入していただくことになります。 詳しくはこちらをご覧ください。

「社員加入申込書」はこちらでプリントアウトしていただけます。
※プリントアウトした「社員加入申込書」は、お手数ですが封書にて切手を貼付のうえ、下記あて先までご送付ください。

※※ ご注意ください ※※

  • 口座振替による社員加入はご支援金額を、1回2,000円以上でお願いしております。
  • お申し込みいただいてから預金口座振替開始まで約2カ月かかります。お申し込みから2カ月以内の月を引き落とし月としてご指定いただいた場合には、翌年の当該月に初めて引き落としをさせていただくことになります。
  • 口座振替の中止又は変更の手続きには1カ月ほど要しますので、ご辞退や申込内容の変更などがある場合は、お早めに下記の加入申込係までお申し出ください。
  • 「社員加入申込書」によりお申し込みいただいた場合、ご記載いただいた住所のある都道府県の日本赤十字社支部に「社員」として登録され、お振込みいただく「社費」は、おもにお住まいの地域における赤十字の活動に活用させていただきます。
  • 確定申告に合わせて年間のご協力に対する受領書(免税証明)を年に一度(引き落としのあった翌年の1月に)ご送付申し上げます。(この受領書が不要の場合には、申込書右上の「受領書ご送付」の不要欄にチェックをしてください)
  • 振替日は毎月1日です(1日が休日の場合は最初の営業日です)振替が行われた通帳には、「DFKニッセキキフキン」または「イチカンファクター」などと印字されます。 ※「DKF」「イチカンファクター」は、日本赤十字社が預金口座振替業務を委託しているみずほ銀行グループ会社の略称です。

各都道府県支部または地区・分区(各市区町村における赤十字窓口)で加入していただく方法

各都道府県支部または市区役所、町村役場の窓口でお申し出下さい。

赤十字ボランティアや町会・自治会等の方々が、ご協力のお願いにご家庭を訪問した際に加入していただく方法

赤十字運動月間(毎年5月)などに、赤十字ボランティアや町会・自治会等の方々がお持ちする寄付申込用紙の、「社員として、社費に協力する」といったチェック欄(お住まいの地域によって記載が若干異なります)にチェックをして下さい。

 

個人情報について

社員への加入や寄付のご協力に際して日本赤十字社が取得した個人情報は、厳重に管理、保護のうえ、その取扱いにつきましては、法令及び社内規定を遵守し、細心の注意を払います。
ご本人の同意がなく第三者に提供したりすることはありません。

個人情報の使用目的

社員登録されている方々などへの広報活動や事業資金募集活動の目的のためにのみ使用いたします。
以下はその具体例です。
・社員や寄付者のご協力実績を記録するため。
・赤十字活動の報告や、いただいた社費・寄付金の使途等の情報をお届けするため。
・社費・寄付金のご協力をお願いするため。また領収書をお届けするため。

個人情報の取り扱いについて

ご本人から、登録された情報の開示、訂正、削除、利用停止のお申し出があった場合には速やかに対応します。