赤十字こども絵画・ポスター展

熊本県支部創設120周年・赤十字思想誕生150周年記念
こども絵画・ポスター展

趣 旨

 赤十字は、いつの時代においても「博愛・人道」をその基本理念として活動を展開してきました。
 熊本県支部では、創設120周年を迎えるにあたり、記念行事として絵画・ポスター展を企画。赤十字の心を継承する担い手であり、限りない可能性をもつ子どもたちに、希望・夢・未来を膨らませる機会を提供することで、今後の赤十字活動の推進に寄与することを趣旨とし、県下の小・中学校、幼稚園・保育園に募集を行いました。

入賞作品展示

会 期 平成21年12月19日(土)~平成22年1月11日(月)
会 場 熊本市現代美術館 5階キッズファクトリー(熊本市中央区上通町2-3)

表彰式

日 時 平成21年12月20日(日)11:00~11:30
会 場 熊本市現代美術館 ホームギャラリー(熊本市中央区上通町2-3)
参 加 者 約120人(受賞者・保護者)

開催概要

テーマ 人道、博愛、思いやりのこころ、命の大切さ、やさしさ など
募集対象 熊本県内の小・中学校、及び青少年赤十字(JRC)加盟の保育園・幼稚園
応募総数 121校・園、1,492点
(幼稚園・保育園10園461点、小学校82校783点、中学校29校248点)
入賞作品 93点
(赤十字大賞等特別賞3点、金賞6点、銀賞10点、銅賞14点、佳作60点)
作品審査 平成21年10月13日(火) 熊本赤十字会館
審 査 員
  • ・宮本 明 氏(日展会友、日洋会委員、熊本県文化協会理事ほか)
  • ・坂田 燦 氏(熊本県美術協会会長ほか)
  • ・桜井 武 氏(熊本市現代美術館館長)
  • ・遠藤 禮一郎 氏(熊本県青少年赤十字指導者協議会会長)
  • ・楢村 善和(日本赤十字社熊本県支部事務局長)
主 催 日本赤十字社熊本県支部
共 催 熊本県青少年赤十字指導者協議会、財団法人 熊本市美術文化振興財団(熊本市現代美術館)
後 援 熊本県教育委員会、熊日、NHK熊本放送局、RKK、TKU、KKT、KAB、FMK、FM791

特別賞作品紹介(3点)

作品:赤十字大賞

赤十字大賞

「献血に行こう!」 山下 智愛 熊本市立白川中学校3年

 あなたの思い、心を、困っている方々に献血で届けよう!というテーマが、ミツバチと花を素材にして明るくユーモラスに表現した明快なアイデアと表現技術が、実にすばらしい。
 特に血液型のA、B、AB、Oのローマ字がユニークで、表し方もていねいで、技術的に秀れた「赤十字大賞」に最もふさわしい作品です。

作品:熊本市現代美術館長賞

熊本市現代美術館長賞

「私のいえのツバメ」古田 朱音 天草市立高浜小学校2年

 今年も自分の家に巣を作ってくれたつばめに対する愛情と喜びが、大きく見上げている構図からダイレクトに伝わってきた。小学2年とは思えない力強いタッチ、つばめの細かい表情に至るまでしっかり描き込んであるところに、楽しんで絵を描いていることがうかがえる。
 時には自身がひな鳥に餌を運ぶ親鳥となり、時には親鳥の帰りを待つひな鳥となってその成長を見守るやさしさも感じられた。つばめの観察から自然界の厳しさ、その中で育まれる命の大切さや他者への思いやりの心を今後も大切にして欲しいという願いも込めて、この作品を選出しました。

作品:熊本県青少年赤十字指導者協議会長賞

熊本県青少年赤十字指導者協議会長賞

「大好きなおともだち」 桶本 蒼依 ちぐさ幼稚園(熊本市)6才

 幼・保・小・中学校から数多くの作品を応募いただき、感謝に堪えません。この場を借りて、お礼申し上げます。
 応募された作品の中でも、この作品を見た瞬間、一際大きな感動を覚えました。それは、描かれているお友達の生き生きした表情でした。あどけなさや明るく純真な表情が生き生きと画面一杯に描かれており、そこには友達を大事にしようとする初々しい豊かな感性を感じ取ることができました。日頃、この大好きな友達との園における様々な活動が手に取るように分かるような気がしました。
 これから、この作品に描かれているように友達を大切にする心、思いやりの心や命を大切にする心が満ちあふれる世の中になって欲しいものです。

熊本県支部創設125周年・血液センター開所50周年記念
こども絵画・ポスター展

趣 旨

 熊本県支部が1889年(明治22 年)5月30日に設置されて125 周年、また血液センター開所50周年にあたり、記念事業として「赤十字こども絵画・ポスター展」を開催しました。
 これは、5年前の120周年に続く2回目の取り組みであり、赤十字の基本理念である「人道・博愛」を理解し、その心を継承する限りない可能性をもつ子どもたちに、希望・夢・未来を大きく膨らませる機会を提供し、併せて赤十字活動の推進に寄与することを趣旨として企画したものです。

入賞作品展示

会 期 平成27年1月14日(水)~1月18日(日)
会 場 熊本県立美術館 分館 1階ギャラリー(熊本市中央区千葉城町2-18)

表彰式・入賞作品展示

日 時 平成27年2月7日(土)10:00~16:00
  • ※記念イベント『赤十字と「もっとクロス!」in くまもと』の中で表彰式を実施。赤十字広報特使で女優の藤原紀香さんも駆けつけ、花を添えてくれました。イベントには内外から約1,000 人もの方々が来場しました。
会 場 市民会館崇城大学ホール(熊本市中央区桜町1-3)

開催概要

テーマ メインテーマ「人道・博愛」
幼稚園・保育園 サブテーマ 「たいせつな かぞく、たいせつな おともだち」
小・中・高等学校 サブテーマ 「思いやりのこころ、大切ないのち」
募集対象 熊本県内の幼稚園、及び青少年赤十字(JRC)加盟の保育園、熊本県内の小・中・高等学校、及び特別支援学校
応募総数 102校・園、850点
(幼稚園・保育園5園109点、小学校70校603点、中学校23校126点、高等学校4校12点)
入賞作品 106点
(赤十字大賞等特別賞4点、金賞5点、銀賞9点、銅賞13点、佳作75点)
作品審査 平成26年12月2日(火) 熊本赤十字会館
審 査 員
  • ・熊本県教育委員会(義務教育課・井上善朗 指導主事)
  • ・熊本市教育委員会(指導課・平木美和 指導主事)
  • ・熊本県図画工作・美術教育研究会長(桜木東小・宮﨑不二男 校長)
  • ・熊本県青少年赤十字指導者協議会長(小坂小・吉見和洋 校長)
  • ・熊本県赤十字血液センター所長(早野俊一)
  • ・日本赤十字社熊本県支部事務局長(川口弘幸)
主 催 日本赤十字社熊本県支部
共 催 熊本県赤十字血液センター、熊本県青少年赤十字指導者協議会
後 援 熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊日、NHK熊本放送局、RKK、TKU、KKT、KAB、FMK、FM791

特別賞作品紹介(4点)

作品:赤十字大賞

赤十字大賞

「思いやりの心でふやそう笑顔」古荘 佐和 熊本県立大津高等学校1年生

 「思いやりの心でふやそう笑顔」というコピーによって、貴い赤ちゃんの命を大切にしたいという気持ちと、子どもたちの笑顔があふれる社会にしたいという作者の願いが汲みとれました。また、作者の日頃、培ってきた描写力によって、この作品は、「なんて、素敵な笑顔だろう。ほほえましい。幸せだなあ。」と思わせ、「子どもたちの幸せを守りたい。」との共通の願いを見る人に抱かせます。
 優しく温かな色調と笑顔の赤ちゃんの描写力、そして、適切なコピーにより、日本赤十字社が長い歴史の中で努力して取り組んで来たものが集大成されている作品と言えましょう。ぜひ、このような心で、これからの生き方をさらに充実させてほしいと思います。

作品:日本赤十字社熊本県支部長賞

日本赤十字社熊本県支部長賞

「思いやりの虹」矢野 星樹 合志市立西合志南中学校3年生

 図案はコピーの「つなぐ、つながる」にちなんで糸を画面にはり付け、また、その糸がこの画面上に登場する老若男女の人々や動物をつなげています。またやわらかい色調と、色相のグラデーションにより画面は表わされ画材などの素材を上手にコーディネイトした作品です。中学生としても、大変工夫され、テーマ性の高い作品となっていました。
 中心の女の子が思いやりをぜひ、みんなでつなげていきましょうと発信しているようです。つながる思いやりの心はガーゼを使って表されており、医療にかかせない素材の一つとして、いろんな意味や願いを含んでいるように思いました。

作品:熊本県赤十字血液センター所長賞

熊本県赤十字血液センター所長賞

「あなたのお役に立てるように・・・」光永 智佐子 八代市立千丁中学校3年生

 丁寧に仕上げた画面の図案とコピーの文字が、作者のまごころや、「一人でも多くの人に協力してもらいたい」という願いとなりしっかり表現されていました。
 日本赤十字社のマークをつけた看護師の皆様の日頃の努力とその力のすばらしさと優しさも、画面の色調とたん念な表現力によって表された作品と言えます。

作品:熊本県青少年赤十字指導者協議会長賞

熊本県青少年赤十字指導者協議会長賞

「かなちゃんとせっせっせ」河内 あさひ 天草市立浦和小学校3年生

 大好きな友だちのかなちゃんとせっせっせをしているようです。溢れんばかりの笑顔が見事に表現されています。見た人がつい嬉しくなってしまいます。友だちは一生の宝です。全ての人々がたくさんの友だちを作り、明るく楽しい日々を送ってほしいものです。顔や体、手の動きや特ちょうをよく捉えていますし、洋服の模様や色相もしっかりと描くことができました。

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら