昭和初期の救護看護婦展

日本赤十字社熊本県支部創設120周年記念・赤十字思想誕生150周年記念事業

2009年は赤十字思想が誕生して150周年の年です。
そして、日本赤十字社の熊本県支部が誕生して120周年の年でもあります。
このことを記念して、看護婦養成と戦時救護を題材として展示会を開催し、お陰さまで予想以上の好評をいただきました。

第1回目は、「竹田ハツメ展」として、第一次世界大戦中にフランスから勲章を授与された竹田ハツメ救護看護婦の遺品等をご覧いただきましたが、今回はその第2回目として、中国やビルマ方面に2度も戦時救護に派遣された赤十字看護婦浦上ツル子さんの貴重な写真等をお借りして「昭和初期の救護看護婦展」を皆様にご覧いただくこととなりました。

赤十字の歴史と活動を少しでも身近に感じていただければ幸いです。

開催概要

とき 平成21年9月1日~12月28日(休日、祝日は休館)
ところ 熊本赤十字会館 1階 展示ホール
主催 日本赤十字社熊本県支部
共催 日本赤十字社看護師同方会熊本県支部

「昭和初期の救護看護婦展」図録集」

pdfファイルのダウンロード(27.3Mbyte)