知られざる日赤の歴史展

日本赤十字社熊本県支部創設120周年記念・赤十字思想誕生150周年記念事業

熊本市との主催により、熊本市現代美術館で熊本とつながりの深い日本赤十字社のはじまりと、同社の絵画コレクションを中心とした「知られざる日赤の歴史展~すべては熊本から始まった~」を開催いたしました。

2009年に、日本赤十字社熊本県支部は創立120周年を迎えました。その歴史は、西南戦争の負傷者を敵味方の区別なく救護することから始まりました。熊本市内のジェーンズ邸にて日本赤十字社の前身である「博愛社」設立請願書が提出されたことなど、熊本にゆかりのある史料を紹介し、その活動の歴史を振り返りました。 

また、日本赤十字社には創立100周年を機に、日本美術界を代表する画家から寄贈をうけた優れた絵画コレクションがあります。その中から、パブロ・ピカソ、東郷青児、藤田嗣治など56点をご紹介しました。

開催概要

とき 2009年12月19日~2010年2月14日
ところ 熊本市現代美術館[ギャラリー II ]
主催 熊本市、熊本市美術文化振興財団、日本赤十字社熊本県支部
後援 熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、 熊本国際観光コンベンション協会、NHK熊本放送局、エフエム熊本、FM791、JCN熊本、熊本日日新聞社

出品作家

麻田辨自、石踊達哉、浦田正夫、常磐大空、東山魁夷、三輪晁勢、結城天童、
相原求一朗、青木純子、青山義雄、朝比奈文雄、足立真一郎、伊藤簾、岩本英希、T.UCHINO、梅原龍三郎、岡義実、荻須高徳、織田廣喜、小磯良平、神下雄吉、小間嘉幸、サイタ亨、島田章三、白石登、末永胤生、杉本健吉、鈴木信太郎、鈴木千久馬、
武田範芳、寺崎武雄、寺田春弌、東郷青児、中澤弘光、パブロ・ピカソ、藤田嗣治、
藤本東一良、増田誠、村田省蔵、藪野正雄、渡部耿贇、永瀬義郎、南城一夫、国政、
永濯、石黒忠悳、甲斐青萍

その他の出展作品(史料)

永濯《西南戦争錦絵 田原坂激戦之図》1877年  熊本市立熊本博物館蔵
博愛社設立請願書・社側(複製) 日本赤十字社所蔵
日赤ポスター 大正時代 日本赤十字社所蔵
赤十字双六       日本赤十字社所蔵
絵葉書(明治35年~) 日本赤十字社所蔵
幻灯機原板       日本赤十字社長野県支部所蔵
絵画「別れの乳房」   日本赤十字社秋田県支部所蔵
第二次世界大戦中の赤十字紙芝居 日本赤十字社愛媛県支部所蔵
ディズニーポスター   日本赤十字社宮城県支部所蔵