青少年赤十字

青少年赤十字

「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」が実践目標。全国の教育現場で、子どもたちが自分で「気づき、考え、実行する」力を育んでいます。

イメージ画像:青少年赤十字

青少年赤十字(Junior Red Cross)

 青少年赤十字は、児童・生徒が赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できる人間に成長してほしいという願いから生まれました。
 現在、国内の1万を超える幼稚園、保育所(園)、学校で青少年赤十字が採用され、学校教育の中で様々な活動を展開しています。
 青少年赤十字では、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標と、「気づき」「考え」「実行する」という態度目標を掲げ、子どもたちが自ら『気づき、考え、行動できる』ようになることを目指しています。

イメージ画像:青少年赤十字(Junior Red Cross)マーク

イメージ図:実践目標

実践目標について
イメージ図:態度目標

「生きる力」×「JRC」
=「思いやりと行動力」

青少年赤十字の特徴

  • 青少年赤十字は、幼稚園、保育所(園)、小・中・高等学校、特別支援学校等の中に組織されており、学校・幼稚園の先生や保育所の保育士を指導者としていることが大きな特徴です。学校(園)の教育・保育方針に基づいて、自主的に青少年赤十字を採用し、子どもたちの発達段階や地域の実状など、実態に即して計画、実践することになっています。
  • 何を実践するかは学校や園の自由裁量です。日赤から、資料提供や研修会開催等のご案内をいたしますが、強制力はなく、どのように活用するかはあくまでも学校や園が自主的に判断します。
  • 青少年赤十字は世界的な組織であり、世界191の国と地域に同じ理想を掲げ、実践している姉妹赤十字社の組織があります。国内の学校やメンバー間はもちろん、姉妹社の青少年赤十字メンバー同士の人・情報・物(国際親善アルバムなど)の交流も盛んに行われています。青少年赤十字(Junior Red Cross)を略して「JRC」と呼びますが、外国では「Red Cross Youth(RCY)」と呼ばれることもあります。
  • 日本国内にも多くの仲間がおり、現在、約1万3,000校に約303万人の青少年赤十字加盟メンバーがいます。

熊本県内の加盟校・メンバー数

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

校  種 学校(園)数 メンバー数(人)
幼稚園・保育所(園) 21 1,813
小学校 134 25,807
中学校 82 19,370
高等学校 27 2,881
特別支援学校 1 9
合 計 265 49,880

(平成29年3月末現在)

※上表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

「青少年赤十字」お問い合わせ

日本赤十字社熊本県支部 事業推進課 青少年・ボランティア係

平日9:00~17:00

閉じる
  • ご寄付のご案内

    熊本県支部では、毎年継続した資金協力によって赤十字活動を支えていただくパートナー「赤十字会員」を募集しています。
    ここでは、ご送金方法、地域の赤十字窓口、また赤十字へのご寄付に関する表彰制度や、税制上の優遇措置などについてご案内します。

    さらに詳しくはこちら
  • 遺言・相続財産によるご寄付

    近年、遺言によるご寄付(遺贈)や、相続財産のご寄付のご相談が増えています。
    安心できる方法で、信用できる団体に寄付したいという思いは、皆さま共通しています。
    ご自分や故人の「救いたい」思いを赤十字へ―。
    遠慮なくお問い合わせください。

    さらに詳しくはこちら
  • お香典返しのご寄付

    お香典返しに代えて、赤十字を通じ、故人の遺志を社会に役立てられませんか―。
    お香典返しのご寄付のお申し出を承っています。
    ご希望により、ごあいさつ状等も作成いたしますのでご相談ください。

    さらに詳しくはこちら