お知らせ詳細

「平成28年熊本地震災害義援金」受付・配分状況について ~第13次配分が決定され各市町村へ送金されました!~

掲載日:2017年07月24日(月) カテゴリ:義援金・救援金

平成28年熊本地震災害から1年3カ月が経過しましたが、義援金の受け付けについては、募集期間が平成30年3月31日まで延長され、現在も継続しています。

受け付け、及び配分状況は以下のとおりです。

【日本赤十字社:受付状況】(本社・各都道府県支部受付分)
284億4,264万403円(430,204件) ※平成29年6月30日現在

【配分委員会への送金状況】 累計:283億5,939万9,484円
※平成29年6月30日「第17回送金」(5月末日までの受付分)まで
・熊本県向け … 281億8,903万2,941円
・大分県向け … 1億7,036万6,543円
(※大分県対象の受付期間は平成28年9月30日をもって終了)

【熊本県内での配分】
7月18日(火)、県義援金配分委員会構成メンバーである県、県共募、及び当支部の3者は、第13次配分(現行の配分対象者の増加による義援金の追加配分)案について承認・決定し、各該当市町村へ7月21日(金)に送金が行われました。

今回の追加配分は1億8,250万円で、1~13次配分の累計額は383億3,650万円となりました。これは、県配分委員会事務局が確認済みの義援金(県、全国の共募と日赤募集分)である総額505億5,021万7,239円(7月13日現在)の約76%となります。

第13次配分の詳細については、熊本県ホームページの「平成28年熊本地震に関する情報」から「義援金」をご覧ください。

<配分対象・基準額> ※今回変更はありません。
・死亡者[1人あたり]:100万円 ・重傷者[1人あたり]:10万円
・全壊[1世帯あたり]:80万円 ・半壊[1世帯あたり]:40万円
・一部損壊[1世帯あたり]:10万円(修理費用を100万円以上支出した世帯)

(振興課)