お知らせ詳細

「平成28年熊本地震災害義援金」<3月編> 来年3月まで延長します!

掲載日:2017年03月01日(水) カテゴリ:義援金・救援金

2月15日(水)、蒲島知事の定例記者会見で、県の熊本地震義援金の来年3月までの受け付け延長が発表されました。

日本赤十字社でも、いまだ多くの義援金が寄せられていること、また、この度の地震被害は甚大であり、被災者の生活再建にはまだ期間を要すること等の現状を踏まえ、これに同調し延長することが決定されています。
同じく県配分委員会のメンバーでもある共同募金会でも延長されました。

長丁場にはなりますが、被災者支援・援助のため、引き続き皆さまのご協力をよろしくお願いします。

【日赤での受付期間延長】

・当初 平成28年4月15日(金) ~ 平成28年6月30日(木)
・延長後 平成28年4月15日(金) ~ 平成29年3月31日(金)
再延長後 平成28年4月15日(金) ~ 平成30年3月31日(土)

【日赤での受付状況】

総計:総計:414,081件、279億5,147万2,130円
※2月10日(金)現在

・日赤本社受付(他都道府県支部受付含む)・・・406,500件、271億4,783万2,599円(9月収納分までは熊本・大分按分)
・熊本県支部受付・・・7,012件、7億5,743万393円(熊本県内向け)
・大分県支部受付・・・569件、4,620万9,138円(大分県内向け) ※9月末日で終了

【日赤の被災県配分委員会への送金状況】 

累計:277億7,748万1,173円
※2月28日(火)付「第13回送金」(1月末日までの収納分)まで

・熊本県向け … 276億711万4,630円
・大分県向け … 1億7,036万6,543円

【熊本県内での配分】

当県配分委員会(県、当支部、及び県共募で構成)は2月3日(金)、第7次配分として、25市町村への配分10億7,350万円を決定し、10日(金)に送金しました。 これにより、県配分委員会で1月31日(火)に確認した三者の義援金総額485億2,806万1,283円の約75%にあたる363億1,910万円が送金されたことになります。

「平成28年 熊本地震義援金の第7次配分について」をご覧ください。※この義援金は、国内外の多くの皆さまから寄せられた善意を、日本赤十字社、共同募金会、熊本県がお預かりし、その全額を配分して、市町村を通じて被災された方にお届けしています。

なお、市町村によっては独自の義援金上乗せや支援制度がありますので、詳しくは市町村にお尋ねください。

 

日赤では現在、以下の国内義援金・海外救援金を受け付け中です。

「平成28年熊本地震災害義援金」平成30年3月31日まで延長)
「平成28年新潟県糸魚川市大規模火災義援金」6月30日まで延長)
「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」(3月31日まで)
「平成28年台風10号等災害義援金」(3月31日まで)※岩手県向け(北海道は終了)
「東日本大震災義援金」平成30年3月31日まで延長)
「中東人道危機救援金」(3月31日まで)