お知らせ詳細

熊本県・大分県青奉合同防災研修会を開催

掲載日:2016年11月16日(水) カテゴリ:お知らせ

熊本県・大分県の青年赤十字奉仕団(青奉、またはRCYなどと略します)は11月12日(土)と13日(日)の両日、熊本赤十字会館で合同防災研修会を開催し、九州各県の青奉と熊本・佐賀両県の救急奉仕団員計38人が参加しました。
この研修会は、平成28年熊本地震を経験した青奉の団員が当時の対応について振り返り、次の大規模災害でどのような活動ができるのかを参加者に提案し、一緒に考えることを目的としました。

1日目は「熊本県で震度7の地震が発生した」という想定で、建物からの避難や負傷者に対する救護活動、ボランティアセンターの設置、炊き出しなどを実施しました。
この訓練では、大規模な地震に遭遇すると私たちはどのように考え、行動するのかを参加者に体験してもらうため、余震発生をスマートフォンのアラームで表現するなどリアルさにこだわりました。
参加者からは「日ごろから救急法などを受講し、防災について学んでいるが、実際の現場ではなかなか思うように動けないということを実感した」、また「ボランティアセンターの設置訓練は初めてで、貴重な経験ができた」という声が聞かれました。

2日目は「命を守る」をテーマに、付箋を使用したブレーンストーミングと被災地視察を実施。
1日目の訓練や熊本青奉が独自に県内大学生にとった震災当時の行動に関するアンケートの結果、そして講義などから、大規模災害に対応するために、個人、また奉仕団としてどのような備えや活動をこれから実行すべきかを考えました。
午後からは、熊本地震による甚大な被害で7月末に惜しまれながら閉館したアソシエートを訪問。
参加者は土砂崩れ現場や地割れ、建物の被災状況を前に一様に驚いた様子で、写真に収めたり職員の話に熱心に聞き入っていました。

大規模災害がいつ、どこで発生してもおかしくないといわれている昨今、実際に大地震を経験した私たちが当時の対応を振り返り、得られた教訓を新しい世代に伝えていくことが防災・減災につながると信じ、これからも活動していきたいと思います。

(熊本県青年赤十字奉仕団 委員長 石本 瑛寛)

熊本県・大分県青奉合同防災研修会

追記(熊本県支部 振興課)

今回のお知らせは、熊本青奉の石本委員長 にお願いしました。現役の大学生です。

熊本地震での青奉は本当に大活躍でした。
本震が発生した4月16日(土)の正午ごろには、青奉が主体となって日赤熊本VC(ボランティア・センター)を開設。
他県も含め、総勢80人の各種奉仕団員・防災ボランティアが参加し、5月20日までに延べ262人が救護支援・被災者支援活動に従事しました。
その活動は、ナビゲーターや救援物資の搬送、救護班の診療記録のデータ化、救護所の設営、避難所のアセスメント、益城町災害VCの応援など多岐にわたりました。

熊本青奉を中心とした今回の地震でのボランティア活動は、本社役員会でも活動発表が行われ、他県からも講師の要請があるなど、多方面から評価を受けています。

上記の防災研修会も、熊本と大分の青奉が主催したもので、9月に予行として1泊の準備合宿を行っていました。
今後も、職員顔負けのアツい青奉から目が離せません!

あなたも「赤十字奉仕団・ボランティア」に参加しませんか?