お知らせ詳細

12月と言えば!「NHK海外たすけあい」(予告編)

掲載日:2016年12月01日(木) カテゴリ:義援金・救援金

tasukeai12月恒例の「NHK海外たすけあい」キャンペーンが始まります―。実施主体の日赤の職員として、皆さまには毎年毎年お世話になりありがとうございます。
今年は熊本地震で、正直「それどころではない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今年5月にトルコで初めて開催された「世界人道サミット」では、紛争の激化、気候変動、急激な人口増加や深刻な貧困によって、世界中で1億3,000万人もの人が、生きるための最低限の生活を送る支援を必要としていると発表されました。

海外たすけあい」で集めた資金は、全額が日赤の行う国際救援・開発協力事業に充てられ、「海外救援金」の募集対象(最近では「イタリア中部地震」や「ハイチハリケーン」など)とならないような影に隠れがちな小さなものまで、すべての国際活動を行うための大切な財源となっています。

また本キャンペーンは、日赤の使命と国際活動を多くの国民に知っていただき、ひいては日赤に対する支援者・協力者を増やす大きなチャンスでもあります。人の痛みや苦しみは世界中変わることはありません。我々一人ひとりが、できる範囲で、できることを、してみませんか?

知っていますか?

≪「NHK海外たすけあい」とは≫
NHKと日赤の共催による募金キャンペーンで、毎年12月1日~25日まで。
昭和58年の開始以来、国内で深刻な災害が発生した年も継続して実施され、今年で34回目。
昨年度までの募金総額は約238億円に上り、これまで世界155カ国を支援してきました。

≪同時に実施される「歳末たすけあい」と「海外たすけあい」の違い≫
● NHK歳末たすけあい
共同募金会が、国内支援向けに実施 昭和26年、NHKが「みんなで明るいお正月を」と呼びかけたことからスタートし、国内で苦しむ人々を支援する団体に配分されています。
因みに、現在募集中の「赤い羽根共同募金」も、共同募金会が毎年10月1日~12月31日まで行っています。

● NHK海外たすけあい
日赤が、海外支援向けに実施 昭和58年2月に、テレビ放送開始30周年と国際赤十字120周年を記念し始めたもの。
10億4,000万(!)という予想外の金額が集まったことから、NHKが「歳末たすけあい」との共同キャンペーンを提案し現在に至っており、日赤が受け付け、管理、集計、救援事業の実施を担います。

今年の事業計画

≪目 標 額≫
8億5,000万円
≪事業計画≫
(1)紛争で苦しむ人々への支援(中東地域、南スーダン、アフガニスタンなど) 4億152万円
(2)災害で苦しむ人々への支援(アジア大洋州地域への給水・衛生災害対応キット整備、ベトナム等での防災活動など) 2億5,201万円
(3)病気で苦しむ人々への支援(コレラなど感染症対応、応急手当の普及、フィリピンの保健医療向上など) 1億4,547万円
(4)事務管理費(総額の6%以内) 5,100万円

募集目標額と実績額・達成率の推移

平成23年度(第29回) 目標 8億2,752万6,000円 ⇒ 実績5億3,384万2,280円(64.5%)
※平成23年3月11日 東日本大震災発生
平成24年度(第30回) 目標 8億2,700万円 ⇒ 実績7億24万2,272円(84.7%)
平成25年度(第31回) 目標 8億2,700万円 ⇒ 実績5億7,295万7,357円(69.3%)
平成26年度(第32回) 目標 8億5,000万円 ⇒ 実績6億507万5,037円(71.2%)
平成27年度(第33回) 目標 8億5,000万円 ⇒ 実績7億1,526万7,248円(84.1%)

熊本県支部主催の今年の街頭募金(3回)

今年もJRC(青少年赤十字)メンバーの子ども達・先生、赤十字奉仕団・防災ボランティアを中心に呼びかけます。
施設職員の皆さまも是非ご参加ください!

・日時 12月10日(土)、17日(土)、18日(日)の14:00~15:30(90分)※計3回
・場所 ゆめタウン 光の森(菊陽町)※本館「正面入口」集合

「NHK海外たすけあい募金 12月1日(木) → 25(日)」(日本赤十字社 本社ホームページ)をご覧ください