お知らせ詳細

平成28年 熊本地震災害救護活動(2)

掲載日:2016年04月18日(月) カテゴリ:緊急災害情報

益城体育館での医療救護、県内域アセスメント活動、避難所等へ救援物資提供など実施!

日本赤十字社熊本県支部災害対策本部(以下、日赤熊本災対本部)は、日赤本社及び九州ブロック各支部のバックアップのもとに本部機能が強化され、17日(日)現在で、益城総合運動体育館に開設した臨時救護所(特殊医療救護車両含む)での医療活動をはじめ、熊本市、上益城及び宇城圏域において医療ニーズ調査・救護活動を展開したほか、可能な限り日赤地区分区(*)等の要請に応じ救援物資(毛布、ビニールシート、安眠セット等)を提供しています。

日赤本社は、今後の救護班による医療救護活動について、被災地の状況等を踏まえつつ、熊本県及び日本DMATとの間で今後の担当活動区域等(ニーズ調査活動を含む)を調整しており、現時点で数カ所程度のエリアを担当する予定です。

これまでに既に派遣された救護班等の状況は別紙のとおりですが、今後の日赤救護班による医療救護活動については、当該活動担当区域に向け、本社から全国のブロック代表支部(第1~6ブロック)を通じた調整に基づき派遣・実施されます。

*各市町村において、日赤の事業・活動資金の募集や活動推進の窓口となっている行政の福祉部門、または社会福祉協議会のことをいいます。

20160418

≪問い合わせ≫
日本赤十字社熊本県支部
振興課 梶山 哲男 ・ 富永 智子
電話096-384-2100(代)
電話096-384-2120(ダイヤルイン)

 

20160418_2