お知らせ詳細

平成28年 熊本地震災害救護活動(1)

掲載日:2016年04月17日(日) カテゴリ:緊急災害情報

全国の日赤都府県支部が集結し活動を展開!

4月14日(木)21時26分に熊本県で発生した地震被害に対して、日本赤十字社では情報を収集し、全国各都府県支部から赤十字救護班を熊本県支部災害対策本部(以下、日赤熊本災対本部)に派遣するとともに、毛布等の救援物資を搬送しています。

日赤熊本災対本部では、発災当時から、県の災害対策本部等に連絡調整要員を派遣し情報を共有するとともに、益城町をはじめ相次ぐ地震災害の被災者救援に取り組んでいます。

また、熊本赤十字病院では、基幹災害医療センターとして被災地からの重傷者等の患者を積極的に受け入れています。

17日(日)現在、地震の多発により救護活動の範囲もひろがり、日赤熊本災対本部では、日本赤十字社本社及び九州ブロック支部のバックアップのもとに本部機能が強化されています。

全国日赤支部から派遣された救護班を統括し、各被災地に救護班を派遣、臨時救護をはじめ救護所での医療救護、巡回診療、医療のニーズを調査するためのアセスメント、地域の保健活動と連携してこころのケア活動を本格的に展開していきます。

現在、各被災地域からの救援物資の要望に可能な限り対応しながら、益城町をはじめ熊本市、上益城及び宇城地区に、全国から集結した医療救護班を派遣しています。

今後は阿蘇方面の派遣も検討しています。

20160417_1 20160417_2
<日赤熊本災対本部でのミーティング> <益城総合運動体育館での救護所の様子>

 

≪問い合わせ≫
日本赤十字社熊本県支部 振興課 梶山 哲男 ・ 富永 智子
電話096-384-2100(代)
電話096-384-2120(ダイヤルイン)